klogo1.png

1792年創業。木屋は包丁を中心に様々な生活の道具を提供しています。

ht1.jpght1.jpght2.jpght2.jpght5.jpght5.jpght3.jpght3.jpght4.jpght4.jpght6.jpght6.jpght7.jpght7.jpght8.jpght8.jpg

01.jpg


「日本橋木屋」は古くから、刃物をはじめとして様々な道具を扱ってきました。それらの道具は様々な名人と言われる職人に支えられてきましたが、今後職人の後継者問題などから、数えきれないほどの技術が消えていく可能性があります。それら日本の伝統伝承技術を発信するために、道具を丁寧に見せる場、道具の歴史・背景を伝えていく場として新たなスペースをつくりました。
職人の手による商品が持っている個性を生かすために、できるだけ棚の存在感を小さくするように設計しています。具体的には商品一つ一つに合わせた形状の小さい棚をつくり、その棚を商品の陳列に合わせて壁に差し換える計画としています。
小さな棚板はステンレス/スチール/FRP/木材のハイブリッド構造でつくり、極限まで薄くすることで、壁には商品と文字だけが浮かび上がるような不思議な空間となります。この一つ一つ形の違う棚板自体もまた職人によって手作りで作られています。
どんなものでも置く事の出来るユニバーサルな棚板ではなく、個性を持った一つ一つの商品に合わせて設計している棚板なので、商品が入れ替わる度に棚板も交換し、商品に合わせた「特注の空間」が出現します。
まるで美術品を観賞するかのように商品を周りからぐるりと眺めることのできる、人と物の新しい向き合い方のデザインです。

萬代基介建築設計事務所
代表 萬代基介

izutukiにてJCDデザインアワード2014金賞受賞
2017年EuroShop//JAPAN SHOP Award
〜第3回ショップデザインアワード〜 優秀賞受賞

izutukilogo.png

dou5.jpg

doua.jpg

doub.jpg

dou3.jpg

dou4.jpg


銅版ロウケチ(銅版押捺ろうけつ染め)とは、簡単に説明してしまえば銅板を組み合わせて作ったスタンプに蝋を付け、布などに押しつけ防染してから染織する技法のことです。残念ながらその技法は、正倉院の宝庫などに染織品が残されているのみで、道具類も未だ発掘されない、途絶えた技法となってしまいました。
ろうけつ染めというと、現代の日本では筆をつかった技法が主流となっています。正倉院宝庫に残されたろうけつ染めは、同じ模様の型を規則的に並べた文染技法と呼ばれるものの一種で「臈纈-ろうけち-」と呼ばれるものでした。
では、その型には何がつかわれていたのか、これは今でもわかっておりません、ただインドの木版、インドネシアの銅版(チャップ)など、世界には似たような技術が現在も残されており、元正倉院事務所保存課長の松本包夫氏やろうけつ染めの研究をされていた西本多喜江氏等は、これらの技術と宝物遺品の染め跡から「臈纈-ろうけち-」も銅板の断面を使った型が使われていたのではないかと推察されました。そして平成元年ごろに西本多喜江氏の手によって復元された、これが現在の銅版押捺ろうけつ染めです。
「臈纈-ろうけち-」の特徴として物語性や他の技法には見られないおおらかさが感じられます。

通常の文染技法は規則的な模様が正確に並んでいるのが特徴ですが、「臈纈-ろうけち-」はそういった規則的な模様でも所々にズレが見られ、それは職人が楽しくリズミカルに版を押していった結果の様に思われるのです。「臈-ろうけち-」を復元させた西本多喜江氏との手紙などのやり取りでも、まるで当時の職人たちの鼻唄の調べが聴こえてくる様だと同様の見解が交わされました。

dou6.jpg

dou7.jpg

dou9.jpg

dou10.jpg

dou11.jpg

dou8.jpg

dou14.jpg

dou15.jpg


dou12.jpg

dou13.jpg

dou18.jpg

dou1.jpg



1985年 ろうけつ染修業 京都
1991年 工房設立
2002年 日本工芸会研究会員
2004年 丹後藤織り保存会員
2005-2006年 人間国宝・森口邦彦氏推薦により文化庁在外派遣員に任命、インドネシア国立芸術大学、
Batik工房にて銅版制作及び押捺技術習得
2010-2013年 日本工芸会 井尾建二主宰 青山彫金スクールに於いて銅版研究
2014年 株式会社ワタナベtette 企画設立
2016年 日本クラフトデザイン協会正会員

受賞 入選
1990年 第15回全日本新人染織展  大賞文部大臣賞 訪問着「流・留・流」 / 新鮮賞 訪問着「游」
1994年 第13回染織作品展     シルク博物館賞 訪問着「ようよう」 横浜シルク博物館所蔵
1995年 京都デザイン優品   風呂敷 「佐藤泰子の世界」宮井株式会社
2001年 京都デザイン優品   風呂敷 「パラダイス」
2002年〜日本伝統工芸近畿展  訪問着 「磯馴風籟」/「戯-雨林素描」/「和音」
2010年 日本伝統工芸西部展  型絵貝紫染のれん「群声」 (課題作展示)
2013年〜日本伝統工芸東日本展 銅版押捺ろうけつ染着物「はなうた」/「垣花文」/「透翅文」
2016年 日本伝統工芸染織展  銅版ロウケチ着物   「氷菓文」
2016年〜日本クラフト展    包み布「ハナウタノシラベ」/ 掛け軸「旅立ち」



shirataka.jpg

昭和10年愛媛県松山市に生まれる。幼少より父の向こう槌を打ち、鍛冶の修行をする。
昭和36年日本橋木屋に入社。昭和46年薬師寺金堂などの再建を手掛け「最後の宮大工」と称された西岡常一棟梁と出会う。昭和47年日本橋木屋を退社後、郷里に帰り鍛冶に専念する。西岡棟梁の依頼で、薬師寺再建の為の白鳳型和釘の鍛造を手掛ける。

kugi8202.png

白鷹氏は耐久性に優れた純度の高い古代釘の入手が不可能な現代、日本鋼管のSLCM材を鍛え、千年の耐久性を持つ白鳳型和釘としてその復元に成功。途中に僅かなくびれや膨らみがあり、時代による建築法の違いを考察し、再現した。薬師寺西塔、中門、回廊、大講堂などの再建に使われ、その他にも寺院や城の修復、復元に膨大な数の和釘を鍛造している。