klogo1.png

1792年創業。木屋は包丁を中心に様々な生活の道具を提供しています。

ht1.jpght1.jpght2.jpght2.jpght5.jpght5.jpght3.jpght3.jpght4.jpght4.jpght6.jpght6.jpght7.jpght7.jpght8.jpght8.jpg

01.jpg


「日本橋木屋」は古くから、刃物をはじめとして様々な道具を扱ってきました。それらの道具は様々な名人と言われる職人に支えられてきましたが、今後職人の後継者問題などから、数えきれないほどの技術が消えていく可能性があります。それら日本の伝統伝承技術を発信するために、道具を丁寧に見せる場、道具の歴史・背景を伝えていく場として新たなスペースをつくりました。
職人の手による商品が持っている個性を生かすために、できるだけ棚の存在感を小さくするように設計しています。具体的には商品一つ一つに合わせた形状の小さい棚をつくり、その棚を商品の陳列に合わせて壁に差し換える計画としています。
小さな棚板はステンレス/スチール/FRP/木材のハイブリッド構造でつくり、極限まで薄くすることで、壁には商品と文字だけが浮かび上がるような不思議な空間となります。この一つ一つ形の違う棚板自体もまた職人によって手作りで作られています。
どんなものでも置く事の出来るユニバーサルな棚板ではなく、個性を持った一つ一つの商品に合わせて設計している棚板なので、商品が入れ替わる度に棚板も交換し、商品に合わせた「特注の空間」が出現します。
まるで美術品を観賞するかのように商品を周りからぐるりと眺めることのできる、人と物の新しい向き合い方のデザインです。

萬代基介建築設計事務所
代表 萬代基介

izutukiにてJCDデザインアワード2014金賞受賞
2017年EuroShop//JAPAN SHOP Award
〜第3回ショップデザインアワード〜 優秀賞受賞

izutukilogo.png

izutuki622a.jpg

6221.jpg

62228.jpg

izutuki622b.jpg

201776.jpg

62229.jpg

62216.jpg

色使いも鮮やかな、水引で作った箸置きです。真心とご縁を結ぶ水引が、お客様をお招きするパーティーに、お祝いの席に、また日常使いにも華やかで個性的な彩りを添えてくれます。モチーフとなっている梅は春の最初に咲き実る植物。気だかさと長寿の象徴とされ大変縁起の良い花です。結納でも必ず使用されています。※色の組み合わせ変更はできません。

62217.jpg

色使いも鮮やかな、水引で作った箸置きです。真心とご縁を結ぶ水引が、お客様をお招きするパーティーに、お祝いの席に、また日常使いにも華やかで個性的な彩りを添えてくれます。モチーフとなっている梅は春の最初に咲き実る植物。気だかさと長寿の象徴とされ大変縁起の良い花です。結納でも必ず使用されています。※色の組み合わせ変更はできません。

62218.jpg

博多水引は、粋な博多のおもてなしの心を表現した水引細工です。水引を結ぶと浄化され、運気を呼び込むと言われています。博多風水水引は、色で運気のバランスを取る風水の色使いを取り入れたストラップです。

62212.jpg

木屋オリジナルの有田焼そば千代口。そば千代口としてだけでなくロックグラスとして、またヨーグルトやアイスクリームなどの器として等、様々な用途でご使用いただけます。

62222.jpg

木屋オリジナルの有田焼そば千代口。そば千代口としてだけでなくロックグラスとして、またヨーグルトやアイスクリームなどの器として等、様々な用途でご使用いただけます。

62223.jpg

木屋オリジナルの有田焼そば千代口。そば千代口としてだけでなくロックグラスとして、またヨーグルトやアイスクリームなどの器として等、様々な用途でご使用いただけます。絵柄は小崎直利氏デザインの涼しげな金魚が描かれています。

62224.jpg

樹齢100年を超える良質な木曽ひのきで作られた木屋オリジナルの丸まな板に金魚の焼印が入りました。小さめのサイズのまな板は、フルーツを切ったり、パンを切ってそのまま卓上にと、何かと重宝します。

62225.jpg

台所に欠かせない白いふきん。古くから蚊帳の生産地として知られる奈良で作られた蚊帳生地をふきんに仕立て、ご用意しました。蚊帳生地を8枚重ねにし、特有の柔らかさに丈夫さを加えてあります。小崎直利氏デザインの涼しげな金魚柄のワンポイントが入っています。

62226.jpg

日本三大うちわの一つである房州うちわ。竹を細く割いた骨と一体となった丸柄が特徴です。小崎直利氏がデザインした金魚柄の手拭いを貼り付けました。

6224.jpg

千葉の「房州団扇」は、京都、香川の団扇と並ぶ日本三大団扇の一つです。女竹(細い篠竹)を原料に用い、細く割いた骨と一体となった丸柄を特徴としています。嶐や大蛇の鱗を三角形で表した文様は、魔除け、厄除けの力があると考えられ、神聖な場所や物に用いられています。

6225.jpg

千葉の「房州団扇」は、京都、香川の団扇と並ぶ日本三大団扇の一つです。女竹(細い篠竹)を原料に用い、細く割いた骨と一体となった丸柄を特徴としています。紗綾型は卍を崩し、美しく組み合わせた文様です。吉祥を表す文様として昔から親しまれてきました。

62213.jpg

伊賀産の土と釉薬(石灰釉)でつくられた蚊遣。土は、たたら成型(土を板状にしたものを切って成型する)によるもので、上辺にはテーパー、側面にはカーブがかすかにかけられています。線香は、自然素材が用いられた体にやさしい「菊花せんこう」です。

6227.jpg

2017年4月、日本橋木屋は創業225周年を迎えました。それを記念して数量限定にて製作した「青空の下の日本橋」が描かれた手ぬぐいです。

62215.jpg

この布は、漂白を施していない未晒しの木綿を甘く撚ったものです。食べ物にしっかり触れても残留漂白材の心配が無く、また、通気性と吸水性に優れていて、出汁を濾したり果汁を絞ったりすることに最適です。

62227.jpg

手ぬぐいは木綿の生産が始まった江戸時代、安くて便利な日用品として庶民の間に広まりました。濡れても乾きやすく、簡単に裂くこともできます。小崎直利氏デザインの涼しげな金魚が描かれています。

6226.jpg

テングサなどの海藻を煮て溶かし、箱に流して固めたところ天を麺状に突き出す道具です。ご家庭でも簡単に涼味溢れたところ天をお楽しみいただけます。醤油、酢、からし、刻み海苔などをかけて食べる夏の味覚の代表です。

62214.jpg

鬼おろしで大根をおろすと余分な水分が出ず、大根の繊維の細かい部分と粗い部分とが絶妙な割合で出来上がりあられ状におろせます。シャリシャリっとした生の食感が良いのはもちろん、火を通すとふんわりしたやさしい歯ごたえになります。

6228.jpg

鍋底や鍋の壁面にフィットしやすい形は、もともと漆塗りの作業時に使用するヘラを、料理用にとデザインされたものです。テフロン加工の鍋類にもご使用いただけます。

6229.jpg

厚みのあるしっかりしたひのきを組み合わせてつくられています。竹すのこが見た目にも清々しく涼を誘います。軽くて丈夫だから取り扱いも簡単です。

62210.jpg

そば盛も受皿も四隅にチギリを嵌め込み、木口と木口が離れないよう丈夫に造ってあります。竹すのこが見た目にも清々しく涼を誘います。

62211.jpg

木屋オリジナルの有田焼そば徳利と薬味小皿。白磁器と青釉のシンプルなデザインは飽きがこず、長くご愛用いただけます。白と青の爽やかなコントラストが夏の季節にぴったりです。

62219.jpg

熟練の職人が手がけた見た目にも美しく、強度があり、長持ちするステンレス製の抜き型です。四季折々の料理に合わせた12ヶ月を代表する型を桐箱に入れご用意しました。

62220.jpg

柔らかく、こしの強い棕櫚で作られています。スティック型は瓶や水筒の底に届く形状で、しっかりと汚れを取り除きます。

62221.jpg

純銅薬味おろしに新たに金魚が加わりました。純銅のおろし金は山葵や生姜の旨味を損なうことなく口当たりの良い「おろし」を作ります。
奈良県生駒市は茶筅の産地です。その製造過程で生まれる材を活かした薬味寄せができました。しなやかな穂は薬味おろしや擂鉢の目から綺麗に食材をかきだします。


guse ars(グセ アルス)
2010年結成。東京を拠点に活動する村橋貴博・岩瀬敬美による2人組のアーティストユニット。

ウォッシュドパターン タイル
海や川に漂着する陶片を拾い集め、その柄を抽出・再構成することで新たな模様を作り、タイルを製作。タイルとして日常使われると、再び破片となり、それがまたどこかに流れ着くかもしれません。このタイルには「時」と「模様」のめくるめく連鎖が封じ込められています。

gusears.jpg

ss2.jpg

大正浪漫硝子(上)

昭和復刻硝子(右)
日本において硝子は古くから装飾、工芸として技術が培われてきました。明治期に一般家庭に根付き始め、昭和になるとその高い生産・加工技術もあり海外へ輸出されました。東京復刻硝子は、かつての輸出品の中から、今の生活に使いやすい商品を復刻し、製作されたシリージです。 

hirota2.jpg

6223.jpg

鋳物の産地として知られる岩手県奥州市水沢でつくられた風鈴です。チリリンと耳に優しい音色が何気ない夏の日常を情緒豊かに彩ります。

shirataka.jpg


昭和10年愛媛県松山市に生まれる。幼少より父の向こう槌を打ち、鍛冶の修行をする。
昭和36年日本橋木屋に入社。昭和46年薬師寺金堂などの再建を手掛け「最後の宮大工」と称された西岡常一棟梁と出会う。昭和47年日本橋木屋を退社後、郷里に帰り鍛冶に専念する。西岡棟梁の依頼で、薬師寺再建の為の白鳳型和釘の鍛造を手掛ける。

kugi8202.png

白鷹氏は耐久性に優れた純度の高い古代釘の入手が不可能な現代、日本鋼管のSLCM材を鍛え、千年の耐久性を持つ白鳳型和釘としてその復元に成功。途中に僅かなくびれや膨らみがあり、時代による建築法の違いを考察し、再現した。薬師寺西塔、中門、回廊、大講堂などの再建に使われ、その他にも寺院や城の修復、復元に膨大な数の和釘を鍛造している。

 

松山市の鍛冶 白鷹幸伯さんが逝去されました。
6月6日 享年83才をもちまして永眠いたしました。
謹んでお知らせもうしあげます。