1792年創業。木屋は包丁を中心に様々な生活の道具を提供しています。





「日本橋木屋」は古くから、刃物をはじめとして様々な道具を扱ってきました。それらの道具は様々な名人と言われる職人に支えられてきましたが、今後職人の後継者問題などから、数えきれないほどの技術が消えていく可能性があります。それら日本の伝統伝承技術を発信するために、道具を丁寧に見せる場、道具の歴史・背景を伝えていく場として新たなスペースをつくりました。
職人の手による商品が持っている個性を生かすために、できるだけ棚の存在感を小さくするように設計しています。具体的には商品一つ一つに合わせた形状の小さい棚をつくり、その棚を商品の陳列に合わせて壁に差し換える計画としています。
小さな棚板はステンレス/スチール/FRP/木材のハイブリッド構造でつくり、極限まで薄くすることで、壁には商品と文字だけが浮かび上がるような不思議な空間となります。この一つ一つ形の違う棚板自体もまた職人によって手作りで作られています。
どんなものでも置く事の出来るユニバーサルな棚板ではなく、個性を持った一つ一つの商品に合わせて設計している棚板なので、商品が入れ替わる度に棚板も交換し、商品に合わせた「特注の空間」が出現します。
まるで美術品を観賞するかのように商品を周りからぐるりと眺めることのできる、人と物の新しい向き合い方のデザインです。

萬代基介建築設計事務所
代表 萬代基介


izutukiにてJCDデザインアワード2014金賞受賞
2017年EuroShop//JAPAN SHOP Award
〜第3回ショップデザインアワード〜 優秀賞受賞

《小倉織とは》


小倉織は、良質の木綿の糸を使用した先染の織物です。
他の織物と比べ、細い綿糸を約3倍たて糸に多用するので地厚で丈夫、しかも生地に光沢がでて、とても滑らかな質感となり、高密度なので、多少の水分であれば生地の表面ではじく程です。たて糸が多いために、よこ糸が見えず、縞の表現になります。また、長年使用すると、なめし革の様な質感へ変化します。


たて糸を高密度にすると、織りにくく多くの手間と時間を要しますが、その分丈夫になり、たて糸を細くすることで、丈夫な中にもしなやかさを兼ね備えた生地となります。

《小倉織の歴史》


江戸時代初期から、豊前小倉藩の特産として重宝されてきた小倉織。
徳川家康が鷹狩りの時の羽織として愛用したと伝えられ、主に武士の袴に用いられ、その丈夫さ故に全国に広まり、坂本竜馬ら、幕末の志士たちにも愛用されました。


明治期、文明開化の西洋化にあたり、袴の特徴を生かした洋服地としての機械織り、小倉木綿、小倉服などと呼ばれる「霜降」を織り始め、男子学生の夏服として全国で愛用され、バンカラ学生のシンボルとなりました。


この「霜降」とは、白と黒の綿糸を撚りあわせて杢糸(もくいと)を、たて糸、よこ糸に用いるのでグレーのように見え、霜が降った時のような画一でない無地の効果がでています。
夏目漱石の「坊ちゃん」等、多くの小説に登場する程のブランドとなりましたが生産が追いつかず、小倉織の名を冠した『土佐小倉』や『備中小倉』が現れました。
昭和初期、小倉で生産が途絶える中で、県外では生産が戦後も続いたのですが粗悪なものとなり、小倉織とは似て非なるものでした。


※杢糸とは、異種の糸を撚り合わせた交撚糸のことで、絡み糸とも呼ばれる。
 「霜降」に使われる杢糸(霜降系)は2種類の糸を組み合わせ作られています。 


今回は、紺の色、糸の太さ、撚りの回数、たて・よこ密度を、再考した試作を多数織る中で、最も目的にあった小倉織ができました。


「木屋紺」という独自の世界を表現するにあたり、黒と濃藍の糸を撚り合わせた特注糸を使用して、無地のように見えながらも奥行きを感じさせる立体的で男前な【紺霜降】が新しく生まれたと自負しております。


2011年5月19日 築城則子氏記




























昭和10年愛媛県松山市に生まれる。幼少より父の向こう槌を打ち、鍛冶の修行をする。
昭和36年日本橋木屋に入社。昭和46年薬師寺金堂などの再建を手掛け「最後の宮大工」と称された西岡常一棟梁と出会う。昭和47年日本橋木屋を退社後、郷里に帰り鍛冶に専念する。西岡棟梁の依頼で、薬師寺再建の為の白鳳型和釘の鍛造を手掛けた。



白鷹氏は耐久性に優れた純度の高い古代釘の入手が不可能な現代、日本鋼管のSLCM材を鍛え、千年の耐久性を持つ白鳳型和釘としてその復元に成功。途中に僅かなくびれや膨らみがあり、時代による建築法の違いを考察し、再現した。薬師寺西塔、中門、回廊、大講堂などの再建に使われ、その他にも寺院や城の修復、復元に膨大な数の和釘を鍛造している。


 

松山市の鍛冶 白鷹幸伯さんは2017年6月6日に逝去されました。
享年83才
謹んでご冥福をお祈りいたします。