klogo1.png

1792年創業。木屋は包丁を中心に様々な生活の道具を提供しています。

ht1.jpght1.jpght2.jpght2.jpght5.jpght5.jpght3.jpght3.jpght4.jpght4.jpght6.jpght6.jpght7.jpght7.jpght8.jpght8.jpg

01.jpg


「日本橋木屋」は古くから、刃物をはじめとして様々な道具を扱ってきました。それらの道具は様々な名人と言われる職人に支えられてきましたが、今後職人の後継者問題などから、数えきれないほどの技術が消えていく可能性があります。それら日本の伝統伝承技術を発信するために、道具を丁寧に見せる場、道具の歴史・背景を伝えていく場として新たなスペースをつくりました。
職人の手による商品が持っている個性を生かすために、できるだけ棚の存在感を小さくするように設計しています。具体的には商品一つ一つに合わせた形状の小さい棚をつくり、その棚を商品の陳列に合わせて壁に差し換える計画としています。
小さな棚板はステンレス/スチール/FRP/木材のハイブリッド構造でつくり、極限まで薄くすることで、壁には商品と文字だけが浮かび上がるような不思議な空間となります。この一つ一つ形の違う棚板自体もまた職人によって手作りで作られています。
どんなものでも置く事の出来るユニバーサルな棚板ではなく、個性を持った一つ一つの商品に合わせて設計している棚板なので、商品が入れ替わる度に棚板も交換し、商品に合わせた「特注の空間」が出現します。
まるで美術品を観賞するかのように商品を周りからぐるりと眺めることのできる、人と物の新しい向き合い方のデザインです。

萬代基介建築設計事務所
代表 萬代基介

izutukiにてJCDデザインアワード2014金賞受賞
2017年EuroShop//JAPAN SHOP Award
〜第3回ショップデザインアワード〜 優秀賞受賞

izutukilogo.png

9711.jpg


和紙を撚ってつくる美濃紙布、楮100%の美濃手漉き和紙を柿渋で染め、実用性を兼ね備えて作ったSIBSI36の渋モノ達。
年月と共に変化していく柿渋の魅力を現代のインテリアに合わせてお楽しみください。

9712.jpg

美濃和紙

美濃手漉き和紙の歴史は古く約1300年前。奈良の正倉院に現存する我国最古の紙であり、戸籍用紙にも使われています。楮原料のみを用い、最大の特徴は縦揺りに横揺りを多く加えた流し漉きにより、「薄く」「強く」「ムラのない」紙となります。さらに天日乾燥の為、日光にさらされると白さが増していき、上品な艶と色合いを持った独特の風合いになります。通気性、保湿性にも優れているので、湿度の高い日本の風土に合った素材です。

美濃紙布

清流長良川のほとりにある美濃地方で創られた伝統のある和紙を用いて、特殊技術によりスリットし、撚りをかけた天然繊維の細い糸で、タテ糸・ヨコ糸ともに和紙の糸を使用した100%純紙布。廃棄して地中に埋めても焼却しても無害な、環境にも優しいエコロジー素材。また、素材としての強さや耐久性・保湿性にも優れています。紙布は毛羽がなく肌触りが快適で、肌に刺激が少ない特性があります。湿気を速球速乾しますので通気性もよく、吸湿効果によるドライ感も得られます。冬暖かく、特に夏は涼しくサラサラの肌触り。さらに柿渋を塗布してあるため、紙布の特長に柿渋の特長が加わり、より効能が発揮されやすくなっています。

柿渋

青い未熟の柿(渋柿)を潰し、圧搾してできた汁を発酵させたものを「柿渋」といいます。古くは平安末期から防水・防腐の特長寄より、塗料として使用されていたといわれています。細菌に対する抗菌能力を持つため、増殖抑制作用が期待できます。酒造りの用具(酒袋等)漁網・伊勢型紙・金箔の打紙・番傘・一閑張等の強度を増す目的にも使用されてきました。経年変化により染めを行ってから約3年程は常に色が変化し、日に日に味わい深い色になっていきます。

9714.jpg

9736.jpg

9738.jpg

9737.jpg

9717.jpg



9720.jpg



9723.jpg



9726.jpg



9729.jpg



9732.jpg



9735.jpg

9718.jpg



9721.jpg



9724.jpg



9727.jpg



9730.jpg



9733.jpg



9715.jpg

9719.jpg



9722.jpg



9725.jpg



9728.jpg



9731.jpg



9734.jpg



9716.jpg


SIBSI36


2009年6月、SIBSI36ブランドデビュー。
2009年9月、以降、百貨店・専門店、ギャラリーにて年に数回の展示販売を開催。
2016年4月、ミラノサローネ CASA GIFUに出展
2017年4月〜美濃和紙の里会館に展示

和紙の持つあたたかみや風合いを殺しことなく、また従来の柿渋染めのイメージを一新する製品創りに努力しています。
和紙の素晴らしさが多くの方に実感され、生活に溶け込むように使っていただけることを理想としながら、SIBSI36はひとつひとつの製品を丁寧に作り続けています。

shirataka.jpg


昭和10年愛媛県松山市に生まれる。幼少より父の向こう槌を打ち、鍛冶の修行をする。
昭和36年日本橋木屋に入社。昭和46年薬師寺金堂などの再建を手掛け「最後の宮大工」と称された西岡常一棟梁と出会う。昭和47年日本橋木屋を退社後、郷里に帰り鍛冶に専念する。西岡棟梁の依頼で、薬師寺再建の為の白鳳型和釘の鍛造を手掛ける。

kugi8202.png

白鷹氏は耐久性に優れた純度の高い古代釘の入手が不可能な現代、日本鋼管のSLCM材を鍛え、千年の耐久性を持つ白鳳型和釘としてその復元に成功。途中に僅かなくびれや膨らみがあり、時代による建築法の違いを考察し、再現した。薬師寺西塔、中門、回廊、大講堂などの再建に使われ、その他にも寺院や城の修復、復元に膨大な数の和釘を鍛造している。

 

松山市の鍛冶 白鷹幸伯さんが逝去されました。
6月6日 享年83才をもちまして永眠いたしました。
謹んでお知らせもうしあげます。