u11.jpg u55.jpg u44.jpg u33.jpg u222.jpg u66.jpg

『木屋 打出しフライパン』

なんの変哲もない、鉄のフライパンです。
焼く、炒める、茹でる、サッと煮るなど、さまざまな調理に使います。
打ち出しの鉄のフライパンを、(はじめて)使ってみたいけれど、敷居が高いのかな?と考えられている方にむけて5年間使ってみた感想を書いてみたいと思います。
結論を先に言うと「敷居はそれほど高くありませんでした」。

このフライパンの良いところは「気を使わなくて良い」ところです。
なんの変哲もない、鉄まるだしの鍋なので
表面加工が剥がれる、とか、専用へらを使わなければ、とか、捨て時の見極め、とか、どうやって捨てるかとか、そういう煩わしいことを一切考えなくて良い!ラク!
色々な加工のされているフライパンでもそのへんよく気を付けられるならば良いのですが、できない方も中にはいらっしゃると思います。私と私の家族は後者です。
気をつけねばならない、しかしできない、を何度か繰り返すだけで割と早く、鍋肌が燃えまくり、さまざまな煙が出まくり、加工は剥がれ表面がガサガサに毛羽立ったくっつかない鍋「だったもの」を手にすることになります。
買ってからそれほど日も経たないので、しばらくの間は、その「だったもの」を、この健康に悪そうな、自分の気の付かなさのあかしを、このまま使っていてほんとうに良いのか、毎日、自問自答しながらの生活が続きますから、精神への負荷は相当なものです。
そんなことになるなら、最初から気を使わずに使えるフライパンを選んだ方が精神衛生によい。

このフライパンの良いところは「失敗できる」ところです。
なんの変哲もない、鉄まるだしの鍋なので
うっかり金属のへらでお好み焼きをひっくり返してしまって焦るようなことがありません。
高温になりすぎても鍋が焦げつく以上のことが起こりません。
表面加工がキズつく、とかダメになる、とかとか、煩わし(以下略)。
鍋をダメにする心配がないのって、とても心が軽くなります。
焦げつかせてもゴシゴシ擦って落とせる!
最終手段で、空焚きして焦げ付きを炭にしてからガリガリこそげ落とせる!
金属のヘラやお玉でカンカンできる!
サビたら?落とせばよい!
多少、いやかなりの失敗も許容してくれる頼もしいフライパンなのです。傷はですね、マア、つきますがね…。
(もちろん「失敗」せずに丁寧に使っていただくのがメーカーとしてほんとうのさいわいです。ありがとうございます。)

このフライパンの良いところは「心が痛まない」ところです。
なんの変哲もない、鉄まるだしの鍋なので
家庭で普通に使っているだけならおそらく数十年という単位で使えます。
形のあるものを捨てるって、何となく罪悪感をもつ方も多いのではないでしょうか。
表面加工のあるフライパンや鍋で一番しんどいのはそこなのですよね。
機能が落ちたら捨てる、っていうサイクルを早いスパンで回さなければいけない。
積み重なる罪悪感。地球よ、ごめんなさい…。
このフライパンは、使うたびに鍋肌に油が馴染んで行き、日に日に、月に月に、年に年に、使いやすくなっていく道具です。もし役目を終える時が来てもかなり使い込んだ後なので、罪悪感よりむしろ感謝の気持ちで手放せそうですし、ぜんぶ鉄ですからその後のリサイクルも容易です。Save the earth.
使い初めは、
説明書に一通り書いてある手順をぜんぶ行ってください。
中でも、油ならしは省かない方が良いです。
鉄鍋は、初回にたっぷりの油で野菜くずを炒め、鍋肌の油ならしをしてください、と大体どこの説明書にも書かれています。私はこの手順の目的を鍋に油を馴染ませることと考え、野菜炒めを油多めで作れば一石二鳥だと、早速調理開始したところ、鉄味の野菜炒めができ上りました。
火加減は、
1.6㎜厚に打ち出した鉄板は熱伝導率にも優れているため、弱火~中火でじっくり火を通すことから、強火で煽る、メイラード反応を起こさせることまで料理に合わせて使い分けられます。
使い方のコツは、
とにかく油をつかうこと。以上です。
特に最初の内は鍋肌に油が馴染んでいないので、油を多めに使った方が早く使いやすくなります。使うほどに育ち、勝手が良くなるのが鉄のフライパンの良いところです。
心を鬼にして油を多めに(と言っても大さじ1前後くらいで大丈夫かと)入れましょう。
よくある、くっつく、というお問い合わせの事情を伺うと、油の投入量が圧倒的に少ないことが原因の場合が多いです。そのほか、サビの原因となる酸や塩分から鍋肌を守るためにも油分を馴染ませ続けることが肝要です。
お手入れについては、
使った後に洗う、少し空焚きして乾かす、以上です。簡単です。
洗うさい洗剤は使っても使わなくてもOK。使うとせっかく馴染んだ油が落ちすぎるという欠点もありますが、次回多めに油を入れることでカバーしましょう。
ささらや大きめの束子を使うとフライパンが熱いまま洗えて汚れ落ちも良いです。よく中華屋さんで見る感じのアレです。取り回しが良いのでおすすめです。
5年間使ってみての実感から、私は打ち出しの鉄フライパンは敷居が高くない、どころか、むしろストレスが減って生活をラクにしてしまう道具なのではないかな~と思っています。
(h)