klogo1.png

1792年創業。木屋は包丁を中心に様々な生活の道具を提供しています。

ht1.jpght1.jpght2.jpght2.jpght5.jpght5.jpght3.jpght3.jpght4.jpght4.jpght6.jpght6.jpght7.jpght7.jpght8.jpght8.jpg

TOP > 刃物考 > 製造工程

コスミックスチール(粉末鋼)の製造工程

seizouzu.jpg

A 特殊鋼には硬くて脆く粗い雑な炭化物と呼ばれる組織が存在する。 高周波溶解炉にて溶解させた特殊鋼に窒素ガスを吹き付け霧状にして急冷。
B 特殊鋼の微粒子がたまる。
C

特殊鋼の粉末を隙間なく充填するためハンマーでたたく。その後真空ポンプに接地して缶の中を真空にし、密封する。

D HIP装置(熱間静水圧プレス)による重要な工程 約1000気圧、1000℃の高圧、高温で圧縮すると特殊鋼の粉末は溶解することなく、鋼塊となる。つまり、溶解から徐々に凝固する過程を除いたので、炭化物の偏折が生じない。
E コスミック包丁の製造 コスミック鋼をさらに熱間(700℃〜800℃)でプレス型抜きし高温焼き入れ後サブゼロ処理(ー75℃の深冷処理)と焼き戻しを繰り返す複雑な熱処理(通常の刃物鋼と大きく異なる)工程や研磨工程などを経てコスミック包丁が完成する。