1792年創業。木屋は包丁を中心に様々な生活の道具を提供しています。

TOP > 会社概要 > ギャラリー

小寺藤二・握り鋏

昭和45年頃の製作。

全29点

昔の日本で使われた珍しい握鋏
播州握鋏の名工小寺藤二が昭和40年代初頭に製作した握鋏です。現代の生活シーンでは ほとんど見られなくなったいろいろな用途別の握鋏を、彼が覚えているうちに製作依頼した製品です。
これらの握鋏は作れる職人も居ないので、非常に 珍しく貴重なものです。
何点かずつご紹介いたしますのでご覧いただければ幸いです。

※播州握鋏

兵庫県小野市は江戸時代に端を発する握鋏の最大の産地・  日本を代表する握鋏の名工のほとんどを輩出。

小寺藤二
多鹿貢・井上治夫と共に昭和の握鋏3名工の1人。




シケ取り(曲刃) 4寸5(約135mm)
刃が曲がったシケ取り鋏。
掛継ぎ(掛ケハギと同じ) 4寸(約125mm) 裂けた布などの端と端を付合わせ、継ぎ目がわからないように繕うのがカケツギ。これに使う鋏。
菓子切り 4寸(約123mm) 和菓子職人が使う鋏。
綴じ切り・針付 3寸5(約105mm) 紙に穴を開け紐で綴じて余分な紐を切るのに使う鋏。
包帯切り 3寸5(約112mm) 巻いた包帯の重ねに長い刃を差し込んでから切る。

※こちらでご紹介した作品は販売しておりません。また、木屋店舗での展示も行っておりません。